妻のうつ病 - 出産後に

女性の中には、出産後に、「産後うつ病」に悩まされる方がおられます。初産に限らず何度目の出産であっても発症することがあります。これには、明確な発症原因がありません。身体的要因と感情的要因の双方が関係していると考えられています。栄養のアンバランス、おそらくビタミンB複合体の欠乏が考えられるケースや、疲労や睡眠不足が関係している場合もあります。
治療法として一般的に用いられているのは、抗うつ薬の服用、?精神衛生の専門家への相談、ホルモン療法などです。治療法は症状の程度によって異なります。ハーブの使用、鍼治療、ホメオパシーなどの代替療法もあります。また、家庭で行えることもあります。栄養に富む食品(果物、野菜、全粒の穀物など)を摂取すること、カフェインやアルコールや砂糖を避けること、適度な運動を行なうことなどです。また、この病気の要因の一つは十分な休息が不足していることなので、夫は妻のために家事を幾らか引き受けたり、子どもの世話を手伝ったりして助けになれます。多くの場合、思いやりをもって話を聴き、心させる言葉をかけ、批判したり批評したりしないようにするだけでも、妻のために大きな力になれます。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

¥

うつ病チェック

ページトップ