家族がうつになった場合

うつは心の風邪と言われることがあります。誰でも罹る可能性があるという意味ですが、風邪よりずっと治すのに時間がかかるのが現実です。そんなうつに家族がなってしまったら、どのように対応するのがよいのでしょうか。患者本人を責めるのはもちろんよくありません。うつは真面目で責任感の強い人が罹りやすい傾向があります。「やっぱり自分は駄目なんだ」と思わせるのが最も危険です。
どうしようどうしようと一緒に困るのもよくありません。内心どんなに不安でもそれを見せるのはよくありません。かと言って「一緒に頑張ろう」と励ますのがよくないことも広く知られています。通常の病気なら「早くよくなってね」は効き目のある言葉ですから、そこが難しい所です。「家族は皆あなたのことを大事に思っているよ、しばらくはゆっくりしてても大丈夫」と安心させてあげるのが一番です。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

¥

うつ病チェック

ページトップ