家族が注意すべきこと

うつ病の人への接し方は『とりあえず受容する』ことだけではない


うつ病の患者を家族に持つ方が言われることの多くは受容することと言われています。うつ病というものを受容すること、認めることがまずは第一歩と言われることもあります。うつ病の患者本人からしてみると受容されたという感覚が得られないのは絶望に近いものがあります。家族からの差別、受容のなさによってうつ病の治療が長引いてしまう場合も少なくはありません。

受容は全体的にうつ病の治療には欠かせませんが、受容すべき場面とそうではない場面を見極める力も必要です。
つまり受容がすべてではないということです。

ある問題行動が起こったとしてそれはうつが引き起こしているのか、本人の性格が引き起こしているのかをよく考えて受容すべきかどうかを考えた方が良い場合もあります。
うつ病をきっかけにしてもともとの性格が変わるという場合も珍しくはありません。
性格上の問題かどうかを判断するのは難しいですが、すべてを受容するのではなく性格上の問題と思えば軽く注意することに問題はありません。

急性期、持続療法期には受容の割合をきわめて多くしておくことが大切ですが回復期に入ってきたら徐々にお互いがストレスを感じないような人間関係作りに入った方が良いでしょう。うつ病の介護者がうつ病になってしまうということもあるからです。

受容だけがすべてだと思わず、最終的によい関係を築けるような接し方を個々のケースで考えることが大切です。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ