家族が鬱病にかかってしまった場合には

家族が鬱病にかかってしまったかもしれないと思ったら、先ずは近くの心療内科もしくは、精神科での診察をして貰うことが先決です。そこで医師の判断を仰いで、入院や通院などの治療が開始されます。後は、経過を診ながらカウンセリングや薬の服用を続け、病気の改善に努めます。しかし、病院に任せっきりではなく、家族の協力も重要です。
鬱病を患った家族の症状にもよりますが、入院治療ではなく通院を選んだ場合に、1人にしておくのが危険な場合には、いつも誰かが近くに居なければなりません。ただ、あまり心配し過ぎると、自分まで同じ病気になってしまうことがあるので、共倒れしない一定の距離を保ちつつ、鬱病の家族に寄り添って生活していくことが大切です。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ