家族に鬱病が発症したらすべきこと

鬱病は、抑うつ気分・焦燥・不安などを起こしやすい精神障害の一つであり、食欲低下・不眠症などの症状もある精神疾患のことです。
近年では、これらの症状がある患者を鬱病として、広く周知されるようになりましたが、以前は怠け病と言われて人々の冷たい視線に耐え兼ねて無理をする人もいました。 無理を重ねることにより症状を悪化させることも、珍しくはなかったのです。
鬱病が発症するメカニズム自体は、未だに解明されているとは言い難いです。症状の改善には、病院での診察や治療が必要になるのですが、自分で自覚はしても、自ら病院に診察に行こうとする人は少数派です。家族は、様子が変だなと思ったら、なるべく早い段階での通院をすすめるようにした方が良いです。患者本人だけではなく、家族の協力なしでは症状の改善は難しいです。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

¥

うつ病チェック

ページトップ