家族

家族の誰かが「うつ」になったら。そんな時あなたはどうしますか?
ここでは実際にあった事例とうつ病患者との付き合い方についてをまとめています。

家族が「うつ」になったら


うつ病は、体の病気と違って、目に見える症状は少ないため、普段から一緒に暮らしている家族であっても、なかなか理解しにくいものです。
ですから、必要以上に不安になり、患者と一緒になって落ち込んでしまったり、あるいは逆に病気そのものを軽くみてしまいがちです。そうならないためにも、医師の説明をしっかりと聞き、メモを取るくらいのつもりでいたいものです。

最も重要なことは、本人の辛い気持ち、不安や焦燥感、絶望感などを、家族がよく理解してあげ、その気持ちを「共感」することがケアの基本となります。
患者との接し方の基本は、あまり神経質にならないことです。気をつかいすぎるのはかえって逆効果になる場合もあります。

家族が必要以上に、まるで腫れ物に触るように気をつかえば、そのぴりぴりとした空気を患者は敏感に感じ取ってしまいます。うつ病の人は、もともと人に気をつかうタイプが多く、また自責の念が強いので、家族が急にやさしくなったり、これまでと態度が変わったりすると、「ああ、自分のために家族を犠牲にしてしまった」と考えてしまいがちです。
たとえ表面的ではあっても、「私たちはそれほど気にしていませんよ」と、普通の態度でいることを心がけるといいでしょう。
また、「励まさない」ということも大切です。うつ病の人は頑張ろうとしているのに頑張りきれずにいて苦しんでいるのです。ですから、どんなに信頼している家族、友人であっても「がんばれ」という言葉は禁句です。休養中に気分転換に旅行などをすすめることも好ましくありません。

うつ病になる人はもともと環境などの変化に弱い人が多いのです。
慣れない場所や環境は、家族が思っている以上に患者に精神的な負担がかかるものです。

日常生活の中でも、よかれと思って、つい何かをすすめたり誘ったりしてしまうことがよくありますが、これも好ましくありません。要するに、家族が本人と自然な気持ちで向き合い、その気持ちをしっかりと受け止めてあげることが大切です。
また、患者は自分の辛い気持ちや悩みを聞いてもらうだけでも気分が楽になるものです。ですから、患者との会話では、なるべく受け身になりましょう。患者の言うことをよく聞いてあげ、とにかく本人の辛い気持ちはよくわかっているということを伝えることが大切です。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ