【体験談】うつ病と妻との付き合い方

~うつの発覚~妻が鬱病と診断されて約2年が過ぎようとしています、以前から友達も少なく少し理解しがたい行動が多かったり、落ち込むと寝れなかったたりずっと寝ていたり、御飯を食べ過ぎたり食べなかったりと、理解の出来ない事ばかりでしたので心療内科に連れて行くことにしました。その日は抗うつ剤と睡眠導入剤を処方してもらい帰りました。私から見た妻は正直言えば、鬱病をやわらげると貰った抗うつ剤と睡眠導入剤を飲み続けた妻は、完全に廃人の様になっていました。
~私が取った対策~
・私自身気を病みそうだったのも有りますが、鬱病についての知識と対策が有ればと思い、妻の担当医師に相談する様にしました。
・体調などに気を配り、自由にさせる様にしました。何もしたくない時などは休ませ、何かしようという時は応援したり手を貸すときは貸して、思うようにさせました。
・こちらからはあまり話しかけたりはしませんが、話しかけてくれる時は話をどんどん広げて相手に話しさせるようにしました。
・近い将来の楽しい目標(旅行や記念日など)などの話をする様にしました。
・私の疲れた顔は見せないようにしてます。これが鬱病に対して正しい対応では無いかと思いますが、家族の支援が必要な病気ですので、一生付き合って行く覚悟で接してます。早く元気になって欲しいです。ただそれだけです。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

¥

うつ病チェック

ページトップ