鬱病の夫との付き合い方

鬱病とは、まず身体に力が入らなくなって外に出られなくなって眠れなくなります。そんなふうに夫がなったら、責めてはいけないのです。そして、鬱病の夫に、頑張れという言葉は禁句なのです。まずは、病気の治療は心療内科に行って、医師の診断とカウンセリングを受けることからはじまります。適切な薬をもらって、家でのんびり休養することです。
そして、患者が安らぐ家庭を作ることが必要です。実は、医師の薬は一時的なもので、患者が安らぐ気持ちが戻れば、鬱病はなおります。さらに、鬱病なおれば、不眠症もなおってまた眠れるようになる訳です。そうすれば、病気が治って元気に社会復帰できます。病気の症状によっては、会社を休職することも、必要になってくるでしょう。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ