鬱病の家族との接し方

家族が鬱病になると、どう接していいのか悩まれるでしょう。鬱病は心の病気です。決して性格的なものではありません。身体の病気と同じように、心の病んでいるときは「休息」することが大事です。食事ができないなら、食べれるようになるまで待ちましょう。何も話さないのなら、自分から話したくなるまで待ってあげましょう。無理強いは逆効果です。何をしてあげればいいのかと悩まれるかもしれませんが、何もしないで待つことが大切です。
鬱病になった家族にしてあげられることは、見守ることです。「頑張れ」と励ますことでも、説教することでも、一緒に悩むことでもありません。病気になる前と同じように接しましょう。気を付けることは、意見しないこと、否定しないこと、そして自殺を考えるほど辛そうなら、病院に連れて行ってあげることです。大切な家族の命に危険が及ばないように、気をつけてあげてください。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ