鬱病は家族のサポートが必要

鬱病は、ストレスを受けやすい社会においては珍しくない病気になりましたが、家族にとって、非常に重大な問題です。鬱病は、放っておいても治らないので、病院に通い適切な薬を出してもらう事が大切です。そして、家族の支えがあってこそ回復の兆しが見えてきます。周囲の温かい気持ちと、理解があってこそ本人のやる気に繋がります。
本人が一番、どうにもならない気持ちを抱えて苦しんでいます。頑張れと励ますのは禁句で、頑張らない事を認めてあげなくては良くなりません。まるで人が変わってしまったかのように見えるかも知れませんが、それは病気のせいなので、温かく見守り一緒に病気と向き合う姿勢が大切です。回復には時間がかかり、再発も多い病気なので、長い目で見守りましょう。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ