鬱病をもつ患者の家族について

鬱病とは憂鬱で物事に対して悲哀感が強く、希望や自身がもてず日常動作さえも億劫に感じてしまう状態のことである。症状としては主に不眠、頭痛、食欲不振、思考抑制、ひどい場合は自殺を考えたりすることもある。そのような状態を心配し、家族が病院へ連れて行ったら鬱病との診断を受けたということは少なくない。患者自身はもちろんのこと、その家族にとってもその病状を理解しサポートしていくことは大変重要である。
鬱病と診断されたらその家族はどのようなサポートをして、患者と接していけばよいのかがまず悩まれる。一番大切なことは患者の訴えの聞き役になることである。心情を理解し支援して、徐々に今までの生活へ戻していくようサポートする。その際気をつけなければならないのは、訴えに対して否定的な態度・意見をとらないことである。常に誠意のある態度で接していかなければ、患者は鬱状態が悪化してしまうおそれもある。また、患者が心身ともにリラックス出来る環境にすることも重要である。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ