【体験談】うつ病と社会不安障害の対策

どんよりとした気分が晴れず、常にネガティブな心に支配されてしまううつ病。一人でいる時は落ち着いた心持でいられても、社会に出るとパニックに陥ったように自分の能力が発揮できず、いつしか社会に出ることそのものに恐怖を感じる社会不安障害。私もかつてそれらに片足を入れた身ですので、心がけ等、ささやかなアドバイスを送りたいと思います。


まず、うつ病ですが、ミスの許されない環境がこの病気を生むという面が多分にあります。ですので、多少のミスが許される作業を、目標を定めずに行い、精神を正常に近づけましょう。例えば絵を描いたり、散歩をしたりです。誰に見せるものでもないんですから、どんどん失敗する気持ちでやってしまいましょう。次に社会不安障害ですが、自分には出来ないのではないか、とか、これを出来るようになると自分の生活が大きく変わってしまうのではないか、という気持ちを鎮めるために、簡単な労力で小さな成功を得る経験をしましょう。アルバイトでもスポーツでも交友関係でも、簡単に出来そうなものを選ぶのです。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

  • そのほか

うつ病チェック

ページトップ