【体験談】うつ病を克服した姉

わたしの姉はうつ病でした。10年まえからずっとうつで、仕事もできずに家に引きこもりでした。自殺願望もあり、自殺未遂やリストカットしたり薬を大量にのんだりと本当に家族がバラバラになった気分でした。そんな姉をみて私は何度も泣きくずれる日々で家に帰りたくなくなったりと自分自身も荒れる生活を送っていました。リストカットをしたため、姉の両手首は切った痕がくっきりとのこっています。周りの人はそんな姉を白い目でみてきます。すごく悲しいです。

死にたいと言い、いろんなことをしてきたそんな姉でも10年経った今では薬を飲みながらではありますがアルバイトをしています。もう、うつ病を克服したと私は思っています。私はうつ病は病気じゃないと言い続けてきました。うつ病にたいして否定するのではなく、心の病だと思っています。なので気持ちの持ち方で治ると信じているので認めてしまうと治るものも治らなくなりそうな気がしてなりません。なので、私はずっと姉に病気じゃないからと言い続けてきました。もちろん姉も私の意見など受け止めもしません。それでいいのです。本心で話が出来れば、何年、何十年経とうがかならず理解する日がきます。信じてください。かならず治ります。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ