【体験談】私の弟は統合失調症に悩まされていました

私には、二つ下にとても心が優しく思いやりのある可愛い弟がいました。弟は15歳のときに急にかわってしまいました。突然夜に家を飛び出し、帰ってきた姿は泥だらけでキズを負っていました。どのようなことがあったのか聞いても答えてくれませんでした。その時から、私の知っている弟はいっぺんしてしまったのです。学校も不登校になりました。


学校に行くようになんとか説得する私たち。しかし、弟はそのころよく両手で耳を押させるしぐさをしてばかりいました。今おもうと幻聴が聞こえていたのだと思います。弟は病院で統合失調症という診断を受けました。一度割れた風船はもとにはもとらない。一生この病気と付き合っていくしかないという先生の言葉は、若い弟にはあまりにも残酷でした。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ