【体験談】鬱って言葉を知っていても説明ができますか

鬱って言葉は、今のご時世、目にすること、耳に入ることが多くなったと思います。では鬱病ってどの様な病気ですか、と訊ねても正確に答えられる方は、決して多くはないと思います。ブルーな気持ちが長く続くこと、死にたいと思いつめること、何もしたくなくなること、これらは全て正しい文章ではあります。でも実際には何が原因で、どういう風に落ち込んでしまうのか、殆ど誰も答えられないと思います。


私の場合は「会社の早急に精算業務を片付けるために、休日なし、残業は毎日」の状態で数ヶ月頑張って、更に営業終了と共に吸収先の会社の業務も行うことになり、そのまま休日なし、残業は毎日の生活が続きました。そんな中で産休のために同僚が抜け、新人が入ってきて、頭の中がパニックになり、更に仕事に集中できなくなりました。そのことを上司はいい事に、私を追い出しにかかったのです。悔しくて、腹立たしくて、毎日新人を殺すイメージを頭に焼き付けていました。その後、会社に行くことが出来なくなり、精神科へ行っています。鬱病は誰にでもなる病気なのです。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ