うつ病と不安障害の関係

不安障害とは、強い不安を起因とし、それが日常生活にまで支障をきたしてしまう症状のことで、うつ病と合併しやすいものとされています。かつては神経症と呼ばれ、パニック障害や、心的外傷後ストレス障害、強迫性障害など、それぞれ症状に特徴があります。ストレス耐性は個人差が大きく、遺伝が関係することもあるため、それらを総合判断して診断されます。


不安障害の治療はその種類によって異なってきます。うつ病との関連性が高いといわれ、大抵は不安障害が先行してうつ病へ発展することが多く、その逆となることは稀です。また、これらが合併してしまうと、うつ病そのものが重症化しやすく、また、慢性化しやすくなるため、周囲が早めに症状に気づき、初期の段階で早めに治療にを開始するようにしましょう。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ