うつ病と社会不安障害との関係

うつ病と社会不安障害はどちらも生じやすい病気と言えます。うつ病の症状は気分が憂鬱になるだけでなく不安焦燥感が強くなり、不眠や食欲低下といった身体の症状なども伴う病気で、普段健康な人が感じるような気が滅入るというような状態とは全く異なります。現代社会ではストレスを感じることが多いので誰でもうつ病になる可能性があります。


社会不安障害は、人前で発言をしたり人前で何かパフォーマンスする際に、赤面、発汗、ふるえなどの症状が身体に生じます。もともとこの障害のために人前に出るのを避けるようになり孤独を感じるようになる人もいます。そして人との交流が希薄になるので、自分はダメな人間だと自信を失い結果的にうつ病になることもあります。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

  • そのほか

うつ病チェック

ページトップ