うつ病と社会不安障害について

うつ病と社会不安障害は異なる症状かもしれませんが、症状を通じて繋がる部分は多いと思われます。うつ病と一般的に言うと、何に対しても行動する気力を無くし社会生活から遠ざかってしまうように思われます。社会不安障害についても、対人関係の恐怖からくる社会生活からの逃避ということがよくあります。どちらも社会生活からの逃避ということが共通しています。


では、社会不安障害は具体的にどのような症状がでるのでしょうか。これは1人や少人数或は公式でない場面では全く問題ないのですが、大勢や不特定多数或は公式な行事で人前で話をしたり発表をしたりすると極度の緊張に襲われ話が出来なくなってしまうという症状です。これはあくまで具体例ですが、このような状況になるとその後の同じ場面でも恐怖感に襲われ、次第に同じ場面から逃避する傾向になっていきます。こうして社会不安障害からうつ病になっていくというパターンが出来上がってしまいます。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ