うつ病と神経症の症状と見分け方。

うつ病と神経症は医師も見分けがすぐにつかないほど似ています。神経症は気分が落ち込むが、日常生活を送ることが出来る事、常に不安感を感じている事、夕方から夜にかけて不安が増し、夜眠れない事、理由のない不安がつきまとう事です。うつ病と違うところは、日常生活を送ることが出来ると言うことだと思います。うつ病のひとは、日常生活を送ることが困難とされています。


身体的な症状といえば、頭痛、吐き気、動悸などです。これらは、見逃してしまいそうな症状ですが、神経症の症状です。また対人面で人と接触を持ちたいけどなかなか機会を掴めない、どう接していいかわからないの特徴といえます。うつ病と神経症の違いをよく知り、適切な処置を取ることで、早めに改善していくことと思います。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ