うつ病と認知症の違いとは

うつ病と認知症は似たような症状を示すことがあります。記憶力の低下や判断力が低下する点です。ですから自己診断で自分がうつ病かと思ったら、実際は認知症だったということもあります。ただ認知症とうつ病で大きく違う点は、うつ病は自分に大きな不安を感じている点です。悲しさや寂しさや空虚感などを感じやすいのがこの病気の特徴です。


なりやすい人は生真面目な人が多いそうです。回復させるには、休養が大事なのですが休むことすら罪悪感を感じてしまうところに問題があります。仕事も思い切って休んでストレスを感じる状態にしないことが大切です。また周りの人も頑張るとか励ますのはしてはいけない行為です。本人は頑張っているので、これ以上どうやって頑張るのか不安になってしまうからです。受身で接するのが効果的です。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ