うつ病と認知症の違いについて知ろう

うつ病は若い世代から年配の方まで幅広い世代でかかる病気となっています。気分の落ち込みが激しくなったりなど様々な変化が出てきますが、それぞれの症状に合った治療を行えばかなり改善することもできます。もしかしたら病気ではないかと気づいたら、早めに医療機関に相談することがおすすめです。そして高齢者の方の場合は気になることがあります。


高齢の方がうつ病になった場合、認知症と似た症状が出ることもあり、どちらなのか家族も本人も悩まれる場合があります。そして高齢者の方の場合は認知症とうつ病が合併している場合もあります。食欲の低下や物忘れ、眠れなくなるなど様々な変化が現れてきますが、いずれの場合にしても早期発見治療が大切ですので、いつもと変わった症状が出たら早めに診察を受けたいものです。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ