うつ病と認知症の関係について

うつ病の主な症状は、ボウッとしていることが多く口数が少なかったりします。 嬉しいとか喜ぶといった感情表現もあまりなく、認知症の初期症状にも似ていると言われています。 これらの事実を認識し、最近出てきた言葉に仮性認知症があります。 認知症にも大きく分けると2種類あり、脳が萎縮してしまうアルツハイマー型と脳血管障害のものがあるのです。


何故この2つに分けられるかというと、アルツハイマー型のものは進行を遅らせるための薬物が出されているのですが、血管が詰まったり、梗塞を起こしている脳血管障害の場合は、治療は難しいためにあきらめざるを得ないという部分が違っているのです。 うつ病をそのまま放置しておくと、軽い認知機能障害へと進行したりさらに病状が悪化する場合があります。 うつ病仮性認知症には有効なお薬があるので病院へ相談してください。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ