うつ病に分類されている神経症うつについて知ろう

うつ病は最近多くの人にみられている病気です。もともとうつ病は、内因性のものを指していましたが、今では神経症うつが増えてきています。この神経症うつとは、神経質という性格の事ではなく、心因性による抑うつ症状が主たるものであると言われています。これは、精神的なストレスや心理的葛藤の上にうつ状態を引き起こしているという事になります。


この神経症うつを治療するにあたり、薬物療法はあくまでも補助的であり、カウンセリングや心理療法が主な治療となります。また、このような病気は慢性化の傾向が強いので、長期的な治療と心のケアが必要になってきます。そのため、周囲の人や家族の理解や協力がとても大切になってきます。うつ病は増えてきている病気であるので、気分的におかしいなと感じたら病院に行く事が大切です。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ