うつ病は社会不安障害とともに生じやすい精神疾患

社会不安障害とは、人と話すときや食事をするとき、人前で字を書くといったときに震え・赤面・発汗の症状がでる。このため対人恐怖が生じ人との交流ができなくなる精神疾患である。うつ病は、ほとんど毎日憂うつで興味や喜びを感じない、物事の関心や意欲が消失する、自分は駄目な人間だと思いこむなどの症状が続き日常生活に支障をきたす精神疾患である。


うつ病は、社会不安障害とともに生じやすい精神疾患である。社会不安障害で対人恐怖により人との回避行動から自分は駄目な人間だと思いこんでしまう精神状態と、うつ病により人との接触・交流を億劫に感じたり自分は駄目だと思い込む精神状態には高い親和性がある。米国の調査によると、社会不安障害の33,8%にうつ病の併発が見られるとの報告がある。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ