うつ症状に似た統合失調症

うつの症状に似た症状のあるものに統合失調症というものがある。うつ症状にもにたような症状があるので、どちらの症状においても判断を誤る場合が多いという。これは、病名を見ると統合することを失調しているということで、会話などにまとまりがないとか、意志などをまとめにくいなどそういう名称になっているが、高揚状態のそう状態とその後の落ち込んだ状態である陰性症状といううつ状態を経験している場合が多い。


そのため、一見落ち込んだ状態であるうつ病ともにている症状もあるが、意識が朦朧としていたり、幻覚や幻聴や幻臭や妄想等の現実には実際にないものに反応していたり、頭で考えたことが読まれているというような感覚や、話したことが伝わっている、または盗聴されている、監視カメラで監視されている、つけ狙われている等の被害妄想的感覚等があり、その幻覚や妄想等に反応したりして、感情や気分が左右されたり、体調が落ち込んだり過活動になったり等の症状も持つ場合にうつ病に似たような症状もあるが統合失調症と判断される。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ