大うつ病性障害 (一般的なうつ病)


大うつ病性障害というのは、一般的なうつ病のことを言います。
気分が憂鬱になって元気長くなり、あらゆることに対しての興味もなくなってしまう病気になります。
日本では中高年層に多い病気だとも言われていますが、子供から大人までなる可能性の高い病気になります。

ストレスに関しては、性格上几帳面な方や完全主義のかた、正義感の強い方などがうつ病になりやすいと言われています。
また、それ以外にも日常生活を送る上で大きなストレスを受けている方はうつ病になりやすいです。

うつ病の特徴としては憂鬱な気分になって、正常時は興味があったり喜びを感じるものに対しての気持ちが喪失してしまいます。
そのため、思考力が低下したり食欲がなくなったりすることもあります。そのほかにも睡眠障害が現れることもあります。

治療を受けずに治る例もありますが、長期間かかってしまいますので、うつ病になったら積極的に治療することが大切になります。

基本的には薬物療法や精神療法を取り入れて休養を挟みながら治療していきます。 薬物療法に使われる薬は、抗うつ薬や抗精神病薬などになります。
また、精神療法には認知療法、行動療法、対人関係療法などを利用することになります。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ