大人だけではない子供にもあるうつ

日本では精神的疾患に対しての認識が大変低く、また差別傾向も強かったのですが、最近は少しずつ変化し、真剣に捉えられるようになってきました。その中でも子供のうつに対してはまだまだ社会的にも認識が薄く、うつ病は大人がなるものと思われがちです。子供の世界でも人間関係が複雑になり、競争社会でストレスの多い毎日になってきており、心が風邪を引いたようになる子供もいます。


子供ですので自分ではどういう状態なのか自覚するのは難しいでしょうし、周りにいる親も見過ごしてしまいがちです。食欲不振になれば身体的な病気を疑いますし、イライラしたり落ち込んだりと気分の変化が著しければ、成長過程における一過性のものや反抗期といった理由を考えます。子供に現れるうつの特徴を知っておき、疑われる症状が出た時に備えておくことが必要です。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

¥

うつ病チェック

ページトップ