感情が不安定な気分変調性障害

まず、うつ病というのは近年社会現象にもなってきており、けっして他人事とはいえないような状態になってきております。うつ病になると気分がのらなかったり体の倦怠感がつきまとうようになったりと、いいことというのは基本的にはありません。


気分変調性障害はまず、名前のとおりではあるのですが、気分がころころと変わってしまう障害のことを指しておりまして、急に怒り出したりなきだしたりなど、感情が落ち着かなくなってしまう状態です。しかしながら今回のうつ病というものは薬で治せる病気なので、もし悩んでいるのであれば一度病院の診断を受けることをオススメします。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ