様々な神経症の中の一つで有るうつ病

うつ病と言う言葉は昔は神経衰弱とも言われていたが、所謂、ノイローゼの事を神経症と言う。場合によっては、人と顔を合わせる事すら、苦痛になり部屋の中に引き篭もるようになったりする。現代のように心を病む人間が増え、社会に於いても広く認知されるようになると、以前のようには、他人様から奇異な目で見られる事は、少なくなったかも知れない。


しかし依然として身体の病気と比べるならば、心の病気は他人様からも同情を受け難いもので有る。強い人間から見れば、心が萎えて頑張れない状態と言うのは、甘えている証拠だと断罪されかねないのだ。しかし心の病気も身体の病気と同じで、医療関係者からの適切な処置や、家族や周りの人間の理解が無いと、改善する事が遅れる場合が有る。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ