気分変調性障害はうつ病の一種です

気分変調性障害はうつ病の一種です。この障害は、どういうものかというと気持ちのなみが激しいのです。ちなみに普通の人でもそういう人はいるのですがこの障害だった場合は、ある日はもうなんでもできるぞという気持ちになるのですが、次の日なると日常生活も送れずに寝たきり状態になるのです。もちろん、体の病気ではありません。


ちなみにこの障害は、医師のもとで薬を飲めば徐々に回復します。しかし、自分でも穏やかな気持ちになるような工夫が必要です。例えば、イライラしたらリラックスする時間をもつとか、何もかもできなくなりそうになる前に休むとかです。まずは規則正しい日常生活が送れるように心がける必要があります。自分でもできることをやってみましょう。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ