社会不安障害はうつ病一歩手前の黄色シグナルの自覚症状

人前で緊張のあまり手足や声が震えたり、耳が赤くなったりする経験はないだろうか。頭が真っ白になり、自分が何をしゃべろうとしていたかも忘れてしまう、次第に人前に立つのを恐れてしまうあなたは、社会不安障害の可能性がある。うつ病の一歩手前という黄色信号が自覚症状として表れている、感じているということである。また忘れていけないのは、貴方が特別この症状にかかっているわけでなく、誰しもかかりうる症状であるということである。


幸いにも、社会不安障害は特段生まれ持ったものでもなく、克服できるものである。先ず、十分な栄養、休息といった規則正しい生活を送ること、そして定期的、かつ汗を程良くかくことのできる運動である。そして、話しやすい人数人と実際に会って話をしてみよう。それが難しい場合は、医師、カウンセラーと話をしてみよう。ここで重要なのは実際に合って気を使わず話をするということ。徐々にステップバイステップで話機会を無理せず増やしていく。そうすれば、確実に自信が得られ、次第に回復、症状の克服へと向かうのです。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ