社会不安障害・神経症

社会不安障害

他人に悪い評価を受けることや、人目を浴びる行動への不安により強い苦痛を感じたり、身体症状が現れ、次第にそうした場面を避けるようになり、日常生活に支障をきたすことを、社会不安障害(SAD:Social Anxiety Disorder)といいます。

この社会不安障害(SAD)は性格の問題ではなく、精神療法や薬物療法によって症状が改善することがある心の病です。

神経症

神経症は、中心となる症状によって、「不安神経症・パニック障害」「恐怖症(恐怖神経症)」「強迫神経症」「心気症(心気神経症)」「ヒステリー」「離人神経症」「抑うつ神経症」などといったタイプに分けられ、これらを総称して神経症と呼ばれています。

いずれのタイプの神経症も、共通しているのは不安が心の根底にあるということです。
神経症の症状は、精神面では、あまりにも不安が強いために緊張したり、いらいらします。

また、過剰な恐怖感を持ったり、強迫的な考えにとらわれたり、また気分が落ち込んだりします。
体の面にも症状があらわれ、不眠になったり、動悸やめまい、呼吸困難、吐き気、ふるえなどに悩まされます。神経症とうつ病は症状は似ていても、まったく違う病気です。

神経症は多くの場合、環境や状況など発症の原因がはっきりしています。原因がわかっている神経症であれば、少なくともその原因となった問題を解決すれば治るはずです。

これに対してうつ病は、そうした環境や状況などはあくまでも発症のきっかけにすぎず、原因そのものははっきりしないため、きっかけとなった問題が解決しても、治らないことがほとんどです。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ