統合失調症はいまは珍しい病気ではありません

統合失調症はいまは珍しい病気ではありません。100人に1人が発病しています。しかし、いまでは薬物療法によって普通の生活が可能になりました。ちなみにこの病気を発病した場合は、定期的な病院への通院が必要です。そしてまずこの病気は睡眠障害がおこってきますから医師に指示のもとで薬を飲んで自分でも体を動かすなど努力が必要です。


さらに統合失調症の薬についても以前なら大量に飲む必要がありましたが最近ではいい薬ができて、すこしの薬を飲めばいいようになりました。統合失調症は世間で偏見をもたれる可能性が多いですが、糖尿病などの病気と同じで薬で症状のコントロールができます。だから、卑屈に思うことはないのです。堂々と人生を歩みましょう。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ