認知症

認知症

老人のうつと認知症は症状がよく似ているために誤解を受けやすいです。

老人のうつと認知症に共通している症状のひとつが被害妄想です。物盗られ妄想と呼ぶこともあることからわかるように、ものを盗られたという妄想が多いです。具体的には自分の大切にしているもの、特にお金などを盗られたと訴えてくる場合があります。
他には周囲の人間に対しての不信感、疑念などから出てくる多彩な妄想が本人を苦しめています。そして老人のうつと認知症に共通する症状にはほかに判断力の低下、意志の弱化などが挙げられます。
何もしたくない、何がなんだかわからないと言ったように自分のこともはっきりとわからなくなってしまいます。
話の内容がちぐはぐになるのも両方の病気に見られる特徴ですが、老人のうつの場合でも認知症と勘違いしてしまう方が多いようです。

ただし、認知症とは違ってうつだけに見られる特徴的な症状としては自殺願望があります。消えてしまいたい、死にたいなどの気持ちが出て来ていれば認知症よりも老人のうつの可能性が非常に高いです。

被害妄想や判断力などからは周囲の人間には判断が難しいですし、老人のうつに関しても認知症に関しても専門的な治療が必要です。どちらだったとしても病院を訪れることをおすすめします。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ