隠れた発達障害でうつに

近年、発達障害が注目されてきている。そして、軽度発達障害という知能に遅れがないという特徴の障害の人が増えてきています。軽度発達障害は、知的に問題がないので小さい頃から、障害と判断されずにそのまま大人になる人が多いです。発達障害の特徴は、人間関係のコミュニケーションがうまく取れないことです。発達障害とうつとの関係はどのようなものかを次に書きたいと思います。


まず、発達障害を知らないで大人になり社会人になると必ず上下関係や同僚などの人間関係が生まれます。発達障害は、コミュニケーションが苦手だったり、空気が読めなかったりして、周りから疎外されたり、変わり者扱いされたりする。そして、段々会社に居られなくなり、うつ状態になり、診察に行くようになります。うつ病と一緒に発達障害と診断され知ることになります。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

¥

うつ病チェック

ページトップ