高齢者のうつ病は、認知症と間違えられられやすい

身近にいる高齢の方が、もの忘れが多くなったり、身なりに無頓着になったりする。今日の日付もわからないなどの症状があると、まず疑われるのが認知症でしょう。しかしこのような症状は認知症だけではなく、うつ病にもみられる症状です。うつ病患者は周囲のことに無関心になり、意欲が低下するため、物忘れがひどくなったように見えるだけなのです。


うつ病と認知症の大きな違いは、うつ病患者が常に大きな不安感、空虚感、悲しさなどを感じているという点です。時間帯によって症状が出たりするという特徴もあります。高齢者は体の機能が衰える、身近な人が亡くなるなど、病気になるきっかけが多くなります。今はよい薬がありますので、高齢者の状態を把握し病気が疑われるようでしたら早めに診療機関を受診するとよいでしょう。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

¥

うつ病チェック

ページトップ