【体験談】私の人生を変えた入院、うつ病

私は中学2年の冬、大うつになりました。当然学校にも行けない、外にも出られない日々でした。自傷行為(リスカ、アムカ、ODなど)や自殺未遂も何度も体験し、このままでは危ないということで急遽入院しました。毎日が楽しくなくて、生きているだけで気だるいし嫌になり、何度も入院中自傷したくなりました。でも、病室にハサミやカミソリはあるわけもなく、ひたすら病室で血を流すまで記憶が飛ぶまで頭を打ち付けていました。そんなとき、リフレックスが私を救ってくれました。

大うつになって3ヶ月ぐらい経ったのある朝、突然体の鉛がとれ気分が楽になりました。さまざまな抗うつ薬を試し、やっと自分に合った薬に出会えたと喜びました。自殺衝動にとらわれていない自分が不思議で喜びがあとからこみ上げてきました。それから何日か経ち、だいぶ落ち着いてきたということで最近退院できました。今年中3になりますが、まだ学校に行けてません・・・でも復活するしかないです。うつ、入院で学んだことは【決して諦めない】ということです。自分のこころと向き合い、理解してあげることが大事です。自分のこころから逃げていたらいつまで経っても解決することはできないのです。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ