うつと併発する頭痛について

うつ病には気分の落ち込みだけではなく、様々な体の変調を伴うことがあります。食欲不振、消化不良と言った胃腸障害はよく現れる症状ですが、頭痛に悩まされる人もかなりの数に上るようです。そういった方は、必ずかかりつけの先生に頭痛の症状がある旨を伝えてください。精神科では睡眠導入や気分障害の対策として、飲み薬が処方されることが多いです。頭痛のあるなしで処方される薬にも変化があるかもしれないからです。

また、頭痛は急な血圧の変化で頭の血管が危険を知らせるサインを送っている状態でもあります。もし、うつの治療で療養中でも、平時と同じく症状を和らげる行動をとりましょう。頭を使って作業をしていたのなら、その作業をいったんやめ、安静にします。程度が軽いものであれば、そのあと体を散歩やストレッチでほぐし、水を飲んで血管のストレスを除けば治ることも多いです。重篤な症状なら、すぐに病院に向かうなり、救急車を呼ぶなりしましょう。くも膜下出血の可能性があります。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ