どのような痛みがあるか

うつ病の患者で痛みを訴える患者はどれくらいか


うつ病患者へのアンケートを行った機関によるとうつ病の患者で痛みを感じたことがあるという方は6割にも上りました。
精神的な症状がクローズアップされやすいうつ病ですが体の痛みについても注意が必要です。頭痛や背中の痛みなどが代表的です。

うつ病と痛みに関してですが医師の認識が低いということが問題となっています。
2009年に出されたうつの痛みに関するプレスリリースではうつ病の痛みを感じる患者が6割いるのに対して医師の認識は3割であると発表されました。
医師は痛みとストレスの関係については熟知しているのですが実際に治療を行う時に患者の痛みを認識できないという場合もあるようです。
うつ病を患っていて体の痛みを感じているのであればまずは医師に相談することが大切なポイントとなります。

どのような痛みがうつ病とともに起こるか

うつ病とともに起こる痛みについてですが頭痛や背中の痛みの他に全身が何となく痛いというものもあります。
うつ病で痛みを感じている人はうつ病患者の半分以上とも言われており、治療が必要な場合も多いです。

うつ病の人が痛みを感じるメカニズムはセロトニンにあります。うつ病の方の多くはセロトニンの分泌量が足りていません。
セロトニンには痛みを和らげる働きがありますが、そのセロトニンの働きが悪くなることによって痛みもひどくなりやすいと考えられます。
普通の状態であれば痛いと感じないようなものでも痛く感じてしまう方が多いということです。

うつ病によって起こる痛みと日常的な痛みの区別がつかないという場合が患者には多くみられるようです。
うつ病にかかってから痛みを感じた、もしくはうつ病にかかった人が全身の痛みなどを訴えているという場合には一度医師に相談した方が良いでしょう。
うつ病の症状として体の痛みなどは認められています。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ