うつ病の頭痛にある特徴

うつ病の症状では、身体のどこかが痛むという症状が多い中で、頭痛は多くのうつ病患者が訴える症状と言えるでしょう。普通の頭痛と違う点は、うつ病の頭痛のメカニズムが違っているので、鎮痛剤などの薬が効かないという事でしょう。また、ずきずきと痛むことなく、頭重感があり、起床時に起こることが特徴だと言えるでしょう。

他の頭痛と間違われて、運動を勧められたりしても、なかなか改善せず、むしろ悪化することがあるので、うつ症状の場合は基本的には休養しなければならず、薬物治療と合わせて考えなければならないでしょう。 早めに気がついて、専門医を受診していれば、倒れるまで悪化することなく薬物治療で改善することが出来るでしょう。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ