うつ病を発症すると現れやすい症状について

家族や親しい方との死別、転勤や移動による生活環境の変化、職場・学校などでの対人関係の悪化などにより、過度のストレスを受けることがきっかけで発病すると言われているうつ病の症状は、心だけではなく身体にも現れます。良く現れる身体的な面での症状としては、ぐっすりと眠れない、夜中に何度も目を覚ます、といった睡眠の異常や食欲の低下などがあります。

また、常に身体がだるく、何をやっても疲れが取れなかったり、便秘や息苦しさ、動悸、生理不順、性欲低下といったものが現れる場合もあり、うつ病の症状は多彩です。もしもあなたがこれらの不快な身体的症状や、気力の低下、思考力の低下といった気になるものが現れた場合は、専門の医師に相談・受診をするようにしましょう。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

¥

うつ病チェック

ページトップ