ふつうの感情の乱れとはちがううつ病のイライラ

うつ病の症状のひとつに、イライラがあります。だれでもイライラすることはあるので、そのときの気分だけの問題ととらえてしまいがちですが、うつ病の場合はイラついた気持ちがコントロールできず、本来気持ちが乱れる場面で無いのに突然イライラが出てきてしまうとされています。ですので、ふつうの感情の乱れとはちがうという認識が大事です。

うつ病の患者さんの多くが、ほかの人から受ける悪気のないアドバイスに傷ついた経験を持っています。よくあるのが、そんなにイライラしないで、とか、気持ちが高ぶったらこうしてみたらいいよ、といったアドバイスです。言う方は悪気なく、体験に基づいて話すのですが、ふつうの感情の乱れとはちがうので、安易に引き比べてしまうとやはりずれが生じますから、まずは患者さんの話を聞くのを優先すべきです。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ