不安感

うつ病の症状には、不安感に襲われる感覚がある。これは自分のキャパシティを超えた大きな仕事を抱えているなど、将来達成困難な状況などで発症する。むしろ、この達成困難な状況が長引き、長期間不安な状況が続くとうつ病になると思われる。この症状が続くと、常に悩んでいる状態になり、他のことが頭に入らず新しい事ができなくなる。

うつ病の症状には、やる気の喪失がある。これは何もやる気になれず寝ている状態となる。やる気の喪失には体も怠い状態になることが多く、特に午前中の症状が酷く、午後にかけてだんだん軽くなる傾向にある。天候でいうと、晴れの日よりも雨の日の方が体調が悪い。ただ、毎日やる気が無く体が怠い訳ではなく、時々体調の良い日も有り、その日は普通に生活することができる。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ