職場の環境が原因で発生するうつ病の症状

職場の環境が原因でうつ病もしくはうつ状態になる方は全国的にも多いと言われています。最悪の場合は、自殺したニュースも聞いたことがあり、職場での嫌がらせやパワハラ、セクハラ、退職勧奨、長期にわたり仕事を与えなかったり、長時間の時間外労働を強要されるなどが主な原因です。職場の環境が原因でうつ病と思われる人の症状は、出社拒否になったり、精神的疾患を患い後遺症が残る場合が多いようです。

しかし、職場の環境が原因でうつの症状になった場合においても、労災と認定されるのは極めて難しいのが現状です。嫌がらせやパワハラなどでは、うつの原因が直接会社にあるという根拠がないためで、精神的なストレスの蓄積による場合では、労働者の我慢が足りないと判断される傾向にあります。月150時間以上の時間外労働など、常識を外れたほどの残業が原因であれば、タイムカードの記録などで証拠が残り、労災認定される可能性は高くなります。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ