【体験談】私の父がうつ病になった時に試した磁気刺激療法とは。

うつ病とは現代の病です。私の父も五年前にうつ病にかかり、仕事を退職して療養していました。病院からもらった薬を飲んでは家に引きこもり、毎日陰鬱とした空気の中大変苦しそうにしていました。父が不注意でコーヒーをこぼしてしまった時、「私は本当に役に立たずだ」などと言い出し突然泣き出してしまった事もありました。うつ病の確実で即効な治療法は無い・・・、そういう風に思っていた時に見つけたのが磁気刺激療法でした。


父のうつ病を心配して伯父が持ってきたのがその磁気刺激療法についての本でした。そういった知識は皆無でしたが藁にもすがる思いで読み、県内の病院で実施しているところを探してみる事に。家庭用で使える物もあるそうですが、まずはプロの手でと判断して病院に父を通わせて見たところ最初はそんなもの、などと言っていた父が段々と良くなっている気がしたのです。不意に憂鬱になって泣き出したり、風呂場にこもって自殺をしようとしたりしていたのが、パッタリと無くなった訳ではないですがその回数が減ってきました。うつ病が完治した訳ではありませんが、父が趣味の映画を普通に見れているのをまた見れるとは思いませんでした。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

  • そのほか

うつ病チェック

ページトップ