うつと痛みの治療薬

薬物での痛みの治療方法

うつ病で痛みを伴う症状が現れる場合がありますが、うつ病の治療と痛みの治療において両方に使われているのが薬物治療です。
痛みの治療の薬物治療というと一般的には痛み止めなどを想像する方が多いかもしれませんが、痛み止めを対処療法としてうつ病の痛みの治療に用いている医師も多いようです。
鎮痛剤と呼ばれるもので、一時的に痛みを鎮めて痛みによるストレスも少なくすることが出来るのが特徴です。

他には精神薬の変更によって痛みを改善するという薬物治療も存在しています。精神薬の種類によっては痛みに効き目があるものも存在しているので、種類を変更して精神と身体の両方の治療をしていきます。

また、痛みは身体の危険信号とも言えます。脳が『痛い』と感じることで痛みが発生すると言っても過言ではありません。そのため生まれたのが神経ブロック療法という薬物治療の一種です。神経を一時的に麻痺させることによって体の痛みを感じさせないというもので、方向性としては鎮痛剤での治療によく似ています。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ