うつによる入院についての選択肢

うつと診断された場合、自宅療養のほかに、症状の酷い場合は入院をしなければならない場合があります。しかし、今は、入院という方法のほかに、ストレスケア病棟への入所という、入院と療養の中間のような方法での治療があります。病院に寝泊まりするという点では入院と同じですが、ホテル滞在のような自由な感覚の入所法です。

ストレスケア病棟では、ひとまずうつの原因となっているストレスから、患者を開放し、自由に行動してもらうことで、心にゆとりや快適さを取り戻すことを主としており、インターネットや読書をするのも自由です。個室と相部屋がありますが、選択も自由で、医師の指導も受けられます。あまりこの制度がある医院は少ないですが、家庭に問題がある方には有効だと思います。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

  • そのほか

うつ病チェック

ページトップ