治療に専念するため会社は2週間ほど病気休暇を取りましょう

気分が落ち込み何もやる気がおきない状態が2週間以上続くとうつ病に陥っている可能性が大です。食欲もなく、夜は寝つきが悪く朝早く目覚める、出勤するのがつらいということになれば神経内科に行って治療を受けなければなりません。診断の結果うつ病であるとなれば状況によっては会社は2週間ほど休むようにして様子を見なければなりません。

医師には診断書を出すので休んだ方が良いといわれれば、できるだけその通りにして会社は有給で休むか、病気休暇で休むかどちらかにした方が良いでしょう。2週間ほど何も考えずに睡眠をよくとれば嘘のように晴れやかな気分になる場合もあります。また病状に合わせて投薬されますが、毎回忘れずに服用しなければ再発してしまいます。神経内科の受診を受ける際に気をつけることは、投薬された薬が新しく開発されたものだと言われたら新薬の実験台にならされているかもしれません。実績のある確かな医師を選びたいものです。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ