うつ病と入院と退院と

重度のうつ病となると、入退院を繰り返すことがしばしば見られる。入院によって症状を回復した患者が、退院後再度症状を悪化させ、場合によっては入院前よりも更に悪い状態となって、再入院となる。そういった患者は、これを何度も繰り返す。再発原因を一概に決めつけることは困難だが、よくある原因とその改善の一策を次に示す。

再発の大きな要因は、患者自身の性格特性と家庭環境のあり方、病識の不足に問題があることが挙げられる。患者にとって、家族の支えは何物にも替え難く、うつ病療養上では特に重要であり、その適切さが求められる。その為、医療者と家族との接触の場を積極的に作るとともに、患者の家族をいかに援助するかが肝要である。重要な点は、うつ病は患者自身だけでは改善出来ない場合がある、ということだ。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

  • そのほか

うつ病チェック

ページトップ