うつ病に効くツボとは

うつ病とは、ある程度の期間にストレスなどを受け、脳細胞が委縮してしまって脳内ホルモンが伝わらなくなって、日常生活に支障をきたしたりする精神疾患のことでしょう。ストレスを受けると、最初はそれに立ち向かうために交感神経の働きが活発になりますが、ストレスが許容範囲を超えてしまうと、心身ともに燃え尽きてしまい、今度は副交感神経が働き過ぎになってくるでしょう。 


うつ病の症状としては、倦怠感や脱力感、めまいや立ちくらみ、吐き気や腹痛などさまざまな身体の不快症状があらわれてくるでしょう。 うつ病の治療法は、基本的には薬物療法から始められますが、このような薬物療法には副作用もあり、副作用の症状にも悩まされることもあるでしょう。 こういう時は、うつ症状のツボ療法がお勧めで、副交感神経の働きを抑える効果があり交感神経の働きを促す作用があるでしょう。副作用のないツボ療法でうつ症状が緩和されれば、試してみる価値はあるでしょう。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ